小平青少年吹奏楽

♪ ご挨拶

小平青少年吹奏楽団ホームページへのご訪問、ありがとうございます

わたしたちは、東京都小平市を中心に活動する一般吹奏楽団です。
高校生から社会人まで幅広い年齢層の団員が在籍し、地域の小学校、障害者施設、老人福祉施設への訪問演奏など、年間20回近くの演奏会を開催しています。
「音は心」をモットーに、質の高い音楽を目指し、地域のみなさまとの関わりを大切に、演奏活動を行っております。

わたしたちは、一緒に演奏していただける仲間を随時募集しています。
どうぞお気軽に、見学をお申し付けください。詳しくは団員募集ページをご覧ください。


♪ 理念

「質の高い音楽で、地域社会に貢献できる楽団」
「年齢の壁を越え、共に努力し、支え合い、人として成長できる楽団」


♪ 小平青少年吹奏楽団の歴史

小平青少年吹奏楽 1986年4月に創設以来、全ての政治、宗教との関わりを持たずに、自主運営を行っています。しかし、小平市内での活動が認められるに従って、現在では長きに渡り、楽器の貸与、練習場の優先確保、楽器庫の常設など、小平市生涯学習推進課の援助をいただいています。
年に一度の定期演奏会をはじめ、小平市の催物、地域の催物、訪問ボランティア演奏など、その演奏回数は年間20回前後に及び、一般バンドとしては多く、その分、練習も多く大変ですが、他では得られない出会いと、音楽する喜びに満ちた楽団です。
指揮者と音楽監督は、緒形まゆみ先生を迎え、音楽を表現する厳しさと喜びを学んでいます。

1986年 楽団発足 小平青少年吹奏楽団 当時一般市民の参加できる吹奏楽団体がなかった小平市において、「地域における音楽文化の創造」「青少年の健全育成」を目的とし、小平第六中学校の教諭であった当団音楽監督の緒形まゆみ先生により創立されました。
第一回定期演奏会
(東村山市民会館)
高校生中心の団員23名による、初めての舞台でした。
1990年1月 後援会誕生 楽団保護者の方々を中心後援会発足。演奏会での受付や、バザーによる援助など、大変お世話になっており、支えていただいております。
1991年 東京都一般吹奏楽連盟に正式加盟
1996年 10周年記念演奏会(ルネこだいら)、記念誌発行 団員は90名近くにまで増え、年間の演奏会も30回を越えました。
1997年 練習場が小平第二中学校から小平第六小学校に移る この時、同時に楽団専用の楽器庫を常設していただき、生涯学習教育団体として、大きく前進することができました。
2000年 創立15周年記念、第一回韓国演奏旅行 小平青少年吹奏楽団 初めての海外遠征で、緊張の連続でした。在韓日本人妻、特別養護老人ホーム「ナザレ園」のお婆さんたちに、命の重さを学び、勇気をいただき、涙の演奏活動となりました。
2004年 社団法人日本善行会「青少年善行表彰」受賞 青少年健全育成活動を評価していただきました。
東京都「青少年健全育成功労者等表彰」受賞
2005年 内閣府「善行青少年(団体)表彰」受賞
創立20周年記念、第二回韓国演奏旅行、記念誌発行 小平青少年吹奏楽団 二度目の訪問となった「ナザレ園」。その他にソウルの老人施設と、孤児院を訪問演奏し、音楽がことばや歴史の壁を越えられることを学びました。
小平青少年吹奏楽団
2006年 体験型、定期演奏会「ミュージック・スクウェア in ルネこだいら」プレイベント 小平青少年吹奏楽団小平青少年吹奏楽団 『小さな子どもたちにも、吹奏楽や音楽の楽しい体験をしてもらえたら』と、ワークショップや合同バンドを定期演奏会と一体化して、1日かかりのイベントを行いました。 この好評がきっかけとなり、翌年より、(財)小平文化振興財団の主催をいただき、毎年夏の恒例行事となりました。
2007年 『ミュージック・スクウェア in ルネこだいら』開催 (財)小平市文化振興財団主催による、ミュージック・スクウェア in ルネこだいらが開催されました。子供達のための楽器体験コーナーや、合同バンドなど、演奏会の他にも様々な形で音楽にふれあえるイベントです。
小平青少年吹奏楽団小平青少年吹奏楽団
2008年 『ミュージック・スクウェア in ルネこだいら』開催


♪ その他

 加盟団体 : 東京都一般吹奏楽連盟
 後援 : 小平青少年吹奏楽団後援会

↑ページトップへ戻る↑